読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マアヤ観察ブログ

ヒーリング魔法の使える魔女です。

お盆が終わったころやってくる困難

気圧の変化、異常な暑さ、夏の疲れで内臓もお疲れ。

 

そのうえ学生さんは夏休みが終わるストレスとか、

ママさんは学校早く始まってほしいとか、

 

いろんな思いと疲れがピークだと思います。

 

私も知っていてもついつい自分に甘くなってしまって

エアコンに氷入りの飲み物。いっぱい飲んじゃいました。

 

お盆過ぎに腰の痛み、、、これは腎がお疲れだー!!

ってプチ絶食と温かい飲み物で2日間ケアしてみましたが

重傷で。体力も削られるので、とにかく加熱した優しい味の

野菜を食べたり、ツボ押しとセルフリンパマッサージでケア。

 

病院で薬をもらったり、処置してもらえたら楽なんですが

自分の体は自分が一番よくわかってるんですよね。

 

治療院やリフレ、インターネットやセミナー、もちろん信頼できる病院と

主治医も大切ですが、それらを上手にチョイスして、自分にとって

ベストな状態を保つことは、自分にしかできません。

 

特にメンタルは、主治医のいうことを聞いてちゃんとお薬飲む。

が基本ですが、じゃあ薬飲んで寝てたらよくなるかといえば

ほとんどの場合改善しません。

それはメンタルに限らず、原因があって結果があるので

日常生活を送る最低ラインを切ってしまった原因を自ら認め

分析する、「客観視」が必須です。

 

「目の前の困難を、客観的に分析する」

大変困難な作業です。

この点については多くの精神科医がいうように

「慌てずにゆっくり考えましょう」

と私も共感します。しかし、客観的に分析して解決や

共存に役立つ具体的な行動や、頑張らなくちゃ仕方ない。

越えなければならない壁、ってのはしっかり見据えておきたいです。

 

でないと、メンタル病はまずます見えない敵との戦いに

なりますからね。

 

自己管理が苦手、計画的にできない、理解力が落ちる、

依存しがち、集団生活が苦痛、経済的な慢性的問題、

そりゃー誰かのせいにしたくなるような難問が現れますが。

 

 

 

私が今反省してるのは、

「氷は毒!エアコンは堕落!」

まだまだ共存すべき敵は多いですね。